The Tigers Fan Site

Blogブログ

瞳みのる&二十二世紀バンド 2016年ツアー

10/29の北京から始まって、神戸、大阪、京都、横浜、大宮、12/22の渋谷でツアーは千秋楽。 ピー先生、二十二世紀バンドの皆さん、楽しくて元気が出るステージをありがとうございました!

今回も渾身のハートブレーカーがセットリストにあって嬉しかった!!
いつもセットリストがバラエティに富んで素晴らしいけど、今回は時にわくわくするような選曲でした。

中国公演があったからだと思うのですが、前回のGSの他バンドのカバー曲が無く、ザ・タイガース時代にカバーした曲以外にも、名曲洋楽をたくさん演奏してくれたのが凄くうれしかった。
アリスちゃんを筆頭に若い人たち、ジェフさん&ケンヤさんの世代、そしてピー先生と、みんなで混ざって演奏すると、なんかまた曲が生まれ変わる気がする。

「デイドリーム・ビリーバー」、とても好きな曲で、サビを一緒に歌えて嬉しかったな~。
そして、まさか「ホテル・カリフォルニア」が来るとは!!難しい曲、ピー先生、相当練習したんだろうなあ~。
77年だから、TGでカバーした曲ではないし。
そもそも、あの有名なギターソロを生で聞けるチャンスってなかなかないので、貴重な体験させていただきました。
ギターのNELOくんとKENYAさんの二人がずんずんと前に出てきて、カッコよくてしびれました。 後ろのピー先生もめっちゃ楽しそうだったねー。

そうそう、ザ・タイガースで初めてテレビ出演した際に演奏した曲「キックス」も、再現してくれるなんて、ファンからしたらたまりません。

「時の過ぎゆくままに」は、台湾の歌手、伍百にカバーされたバージョンでジェフさんが歌っていて、 何の曲かわからないくらいアレンジされていてびっくりしたけど、これはこれでカッコいいですね~!
神奈川で見に来ていたジュリーも、恐る恐る後ろを振り返ってちらっと見てみたら、楽しそうにノッって聴いてて良かったです^^

「荒城の月」のロックバージョン「仲秋の月」、めちゃめちゃカッコいい天才的アレンジでした。

稲村なおこさんとのジョイントで披露していた「スマイルフォーミー」そして、ほぼ虎以来久々の「淋しい雨」の2曲も、大好きな曲で嬉しくて。特に「淋しい雨」はドラムのラインがすごく好きです。

バンドの雰囲気も暖かくて明るくて、みんなピー先生のこととても好きなんだなーっていうのが伝わってくる。
太陽みたいに明るさを振りまいて、心底幸せそうに演奏しているピー先生と、
ピー先生に負けない陽気さで、ハートをポカポカさせてくれる、ノリノリの演奏スタイルが素敵な、つるうちはなちゃん。
綺麗な高音がさえわたり、飛び切りキュートでバンドに華を添えてくれるALICEちゃん。
可愛らしい見た目とは裏腹に、ハードでクリアなギターを聞かせてくれるNELOくん、ボーカルの声質もとても好きです。

二十二世紀バンドは、女性ボーカルだけでなく、男性陣もみんなボーカル上手くて層が厚い!
Ichirohさんはステージの裏方的な仕事もこなしつつ、先生のサポートをしつつ、それにまめに写真をアップしてくれる、ファン思いのありがたーい存在m(_ _)m
今回は先生に代わってのラブラブラブもしっかり聴かせてくれました。
北京ではベーシストとして、関東ではギタリストとして参加のKENYAさんは、MCも楽しくて、みんなを上手くあおってくれて、ピー先生学級の委員長的な感じ。
そして音楽監督ジェフさん、演奏はもちろん、いろんな曲のアレンジ素晴らしかったです。
(ピー先生も70歳って信じられないけど、実はジェフさんも年齢よりも若々しすぎてびっくり)
コレクターズなどでも忙しいのに、今回もTシャツのデザインをしているし、このバンドはキャラや役割がちょうどいい具合に分かれていますねー。

そして、70歳になっても相変わらずのパワフルさで、道を切り開いていくピー先生。
なにも恐れず、遠慮せず、でもみんなに愛されながら、やりたいことはやっちゃう姿勢、本当に尊敬します。

見るたびにいいバンドになって行って、これからも楽しみです。
あまりにも楽しくさせていただいたので、数年ぶりに絵を描く気分になりました^^
似てないけど気持ちだけ~。
メリークリスマス!

2016年ツアー記念 瞳みのる&二十二世紀バンド

Comment

  1. 皐月賞 より:

    淋しい雨はビージーズの曲ではありません
    お確かめください

    • あおい(管理人) より:

      スマイル・フォー・ミーだけでしたね!ご指摘ありがとうございます!修正しました^^

あおい(管理人) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です